福岡市 東区 箱崎 歯周病 インプラントホワイトニング もろおか歯科 院長のブログ
0
    「マイ・アーキテクト」 ルイス・カーンを探して

    監督・脚本・製作:ナサニエル・カーン
    出演:フィリップ・ジョンソン、ヴィンセント・スカーリーI・M・ペイ、エドマンド・ベイコン、ルイス・カーン他
    2003年/アメリカ/1時間56分

    伝説の建築家の死から30年──
    彼の息子による、父親探しの旅が始まる…
    1974年3月ニューヨーク、ペンシルヴェニア駅にて男性の死体が発見された。所有していたパスポートからは住所が消されており、身元が判明するまでの3日間は死体は安置所に保管されることとなった。その男の名はルイス・I・カーン。享年73歳であった。彼はキンベル美術館、ソーク生物学研究所やバングラデシュ国会議事堂など世界を驚嘆させる建築物を創造し、独自の哲学的な語り口でも知られる現代建築家の巨匠である。また、自身の完全主義を貫いた結果、事務所の経営は破綻状態、私生活では3つの家族を持つなど数奇な人生を送った人物でもあった。一方、カーンの死から30年が経過しても息子ナサニエル・カーンは11歳の時に経験した父の死、さらには父の存在さえも受け入れられずにいた。苦悩を抱きつつナサニエルは多くの著名な建築家や親類、タクシー運転手など、父を知る人々との出会いや、溜息が出るほど美しい父の建築と向き合い、真の父の姿や、自身の出生の秘話まで明らかにしていく。そして父親探しの旅が自分探しの旅に変わるとき、ナサニエルが見つけた掛け替えのないものとは…。
    (解説より)


    久しぶりに映画を見に行くことになり、何にしようかと探してみるとこの映画の評価が高かった。ルイス・カーンという建築家の名前は聞いたことがあったがどのような建築をした人かは知らなかった。
    多くの人に見せる形として残る仕事をできる「建築家」という職業は、歯科医である私にとっては魅力的に映る。

    結婚した女性以外に、2人の女性との間にそれぞれ子供を持ち、その中の私生児の一人がこの映画の監督ナサニエル・カーンである。

    自分や母にした仕打ちを許せない彼は、父を知る人々を訪ねて回り父の行動のわけを知ろうとする。施主にこびない彼は建築家というよりは芸術家であり、そのため彼の建築に否定的な人々も出てくる。彼の建てた邸宅で集まった三人の子供たちは、それぞれの母親が反目していたことを語る。みな、彼に愛されたいと望み、ともに働けることを喜びとするが、彼は仕事がすべてであり、報われない思いを持ち続ける。

    しかし、ルイス・カーンの最後の作品となったバングラディッシュの国会議事堂を訪れたとき、異国の地で認められ尊敬される父を知る。父親としては問題の多い人であったが、建築家として人々を愛したことを知り、監督である彼の息子は父を理解し、彼の父親探しの旅は終わる。

    幸い私の父は家族を大切にする人であるし、私もそうありたいと思っている。ただ、ルイス・カーンほどの精神性を持った人で無いと、後世にも残る偉大な仕事をすることは難しいのだろう。

    たまたま「父の日」にちなんだ映画であった。
    | morookashika3 | 映画 | 00:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    0
      「プラネットアース」
      NHK総合で今週放送された「プラネットアース」



      NHKとBBCが五年の歳月をかけて撮影・制作した大型自然ドキュメンタリー。ハイビジョン撮影のおかげで鮮明な映像で立体感がある。



      子供の頃からこの手の番組は良く見ているが、そのたびに新しい映像が紹介される。動物相手なので1シーンの撮影にも数ヶ月を要したそうだ。番組の内容自体もさることながら、撮影の苦労話も面白い。



      大変評判だったようで、夏休みにも再放送の予定だそうだ。
      | morookashika3 | 映画 | 00:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      0
        ギター弾きの恋



        天才ギタリストだが、プライベートは破滅的というエメット。彼は、素朴な女性ハッテイと同棲するが、突然、上流階級の女ブランチと結婚。しかし、本当の愛はそこにはなかった…。
        秀逸なのは主人公演じるショーン・ペン。どうしようもない自堕落な男が、憎みきれないろくでなしというチャーミングなキャラになったのは、ペンの演技あってこそ。そんなダメ男に献身的につくす、口の不自由なハッティ演じるサマンサ・モートンもかわいい。言葉はなくても愛情たっぷりという、その表情の豊かさには驚くばかりだ。都会のシニカルなコメディが多いウディ・アレン監督が放ったラブストーリーは、ジャズの調べも心地よい、心にじんわり染みわたる傑作。(Amazonレビュー)


        ウディ・アレン監督の伝記風映画。(エメット・レイ自体も話もウディ・アレンの創作である。作り話をいかにも実在の人物の逸話であるかのように見せている。)ウディ・アレンって、ショーン・ペンが演じるエメット役のような「不器用でなんだか煮えきらない人」を画くのが好きなんだな。

        ストーリーは「よくある話」といったところだが、使われる音楽が心地よく、サントラはいいかなと思った。
        | morookashika3 | 映画 | 01:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        0
          不思議惑星キン・ザ・ザ


          旧ソ連が製作した、摩訶不思議なSFコメディ映画。自分は宇宙人と名乗る裸足の男が持っていた空間転移装置によって、キン・ザ・ザ星雲のキテレツな砂漠の星ブリュクへとワープさせられてしまった建築技師と学生が、何とかして地球に戻ろうと悪戦苦闘するさまをのんびりと描いていく。
          この星の人々はどうにもいいかげんなのだが礼儀にだけはうるさく、そのわりには街の治安が悪い。またここではなぜかマッチが非常に価値がある。砂漠の向こうから浮遊してくる飛行物体のアバンギャルドなデザインと、そののどかさとの奇妙なギャップも楽しく、音楽もシュール。アメリカなど資本主義国とはどこか感覚が異なる世界観の味わいに満ちた作品。監督はグルジア共和国出身のゲオルギー・ダネリア。(Amazonレビュー)


          カルトなSF映画の代表として取り上げられる作品。ハリウッド映画の様なドラマティックな展開はないが、この奇妙なストーリーがどうなるのだろう、と最後まで気になってしまう。見終わった後はこの映画のことが頭から離れなくなる、そんな映画である。
          しばらくこの映画で象徴的に使われる「クー」というセリフを連発して、妻から冷ややかなまなざしを浴びたのはいうまでもない。

          この映画を見たことのある人とは,無条件で友達になれそうな気がする。
          | morookashika3 | 映画 | 02:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          0
            「24 」 キーファーサザーランド
            困ったシリーズである。1シーズン24話12巻レンタルビデオ屋に通いつめる羽目になる。



            キーファーサザーランドは私が中学生の頃から、危険な香りのするよた者役と言うイメージで好きだった。ダイハードのブルースウィルスのように、このシリーズでかれのキャラクターが定着してしまうのだろうか。

            内容はシーズンが進むにつれだんだん話に無理が出できた気がする。とにかく事件解決の手がかりが次々にきえ、手詰まりの中ジャックが何とかするが、彼は幸せになれない、と言うパターン。ただ、絶対に死なないけれど。
            | morookashika3 | 映画 | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            0
              「甘い人生」主演:イ・ビョンホン
              韓流ブームも定着した感がある。我が家もご他聞にもれず、「冬のソナタ」にどっぷりはまった。特に妻は一時期、ペ・ヨンジュンの大ファンだった。あのファンを大切にする姿勢は、確かに感心する。日本での氷川きよしに通じるものがある。

              昨日はイ・ビョンホンの「甘い人生」をみた。



               ホテルの総マネージャーのソヌは裏社会にも通じるボスの寵愛を受けた男。その彼が、ボスの愛人ヒスの監視を頼まれる。もしも男がいるようだったら、即殺すか連絡をよこせと命令されていた。ところがソヌはヒスに心ひかれ、彼女に男がいることを知りつつ見逃してしまう。それがボスに知られ、彼は地獄を見ることに…。
              イ・ビョンホンが自ら「代表作」と語る。『箪笥』のキム・ジウン監督作は、たったひとつの恋が、主人公を天国から地獄に引きずり降ろし、復讐の鬼と化す様を壮絶なバイオレンスで描いたスリリングな作品。オープニングのクールな佇まいから一転、裏切り者の烙印を押されたソヌの受ける拷問シーンの残酷さは情け容赦なし。ビョンホンファンが直視するのが辛いほどのシーンが畳みかけるように展開するが、後半の復讐劇はビョンホン最大の見せ場。クールな彼を堪能できる。ロマンティックなシーンは少ないが、極限状態まで体を痛めつけて熱演するビョンホンのタフさには脱帽。まさに渾身の一作と言えるだろう。
                                   <Amazonのレビューより>

              ラブロマンスかと思ったら、バイオレンス映画だった。ラストシーンのイ・ビョンホンの台詞の「むごすぎる」というのが私の感想。ガイ・リッチー監督の映画のようなコミカルなシーンがところどころ含まれ、アクションもスタントなしで迫力があるが、細かい描写が物足りずストーリーが不条理なので、見終わった後は消化不良な気分。

              とにかくイ・ビョンホンが好きな方にはお勧めだろう。撃たれても撃たれても立ち上がるシーンは、ドリフのコントのようだった。若い方はドリフなんて見たこと無いかな。
              | morookashika3 | 映画 | 10:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              0
                「オペラ座の怪人」
                今日はDVDの紹介。
                タイトルにもあるように、「オペラ座の怪人」。

                作曲、脚本、プロデュースは「キャッツ」「ジーザスクライスト・スーパースター」等大ヒットミュージカルを世に送り出した天才作曲家アンドリュー・ロイド=ウェバー。
                「パリ、1870年代、オペラ座では“ファントム”(オペラ座の怪人)の仕業とされる謎の事件が続いていた。リハーサル中の事故で、プリマドンナの代役を務めることになったクリスティーヌは、その初主演のステージで喝采を浴び、幼馴染みのラウルと再会。だが、その喜びも束の間、仮面をかぶった謎の怪人・ファントムにオペラ座の地下深くへと連れ去られる。クリスティーヌは、ファントムを亡き父が授けてくれた“音楽の天使”だと信じ密かに慕ってきたが、地下の隠れ家で仮面の下に隠されたファントムの正体を知ってしまう…。」(Amazonより)

                2年ほど前に劇団四季のものを見た。
                アンドリュー・ロイド=ウェバー自身が最高傑作と認める有名なミュージカルなだけに内容は知っていたが、上演時間の問題があるのか細かい点がいまいち分かりにくい部分があった。実際に人間が演じているので迫力はあったが。

                映画は怪人の生い立ちや、最後のシーンも細かく描かれていてミュージカル版を補ってくれた。
                映画でもサラ・ブライトマンのクリスティーヌを見たかった。彼女がもう少し遅く生まれていれば・・・・。
                | morookashika3 | 映画 | 10:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                CALENDAR
                SMTWTFS
                  12345
                6789101112
                13141516171819
                20212223242526
                2728293031  
                << October 2019 >>
                SELECTED ENTRIES
                CATEGORIES
                ARCHIVES
                RECENT COMMENTS
                MOBILE
                qrcode
                LINKS
                PROFILE
                このページの先頭へ