福岡市 東区 箱崎 歯周病 インプラントホワイトニング もろおか歯科 院長のブログ
0
    温かい年末 その2
    2日目は宿の仲居さんのオススメで、「長崎鼻パーキングガーデン」というところに行きました。あいにくの天気でしたが、開聞岳が雲の合間から顔を出し中々の眺めでした。快晴なら絶景だろうと思います。


    園内は、動物たちがいたるところに飼育されていましたが、まあこんなものかなと言う感じでした。
    ところが・・・・。


    オウムがけたたましく鳴きながら迎えてくれます。

    約1時間おきに動物たちのショーが行われることになっており、丁度「フラミンゴのレビュー」の時間だったので、特に期待もせずに見に行きました。


    そのショーはなかなかインパクトのあるものでした。フラミンゴが2人の飼育員に追い立てられながら、行けの周りをグルグルと音楽に合わせて歩きまわるというものでした。しかも飼育員のMCも無く、直立不動でフラミンゴを誘導します。これがなんとも異様な雰囲気で、徐々に引き込まれていきます。最後に池の反対側から追い立てられたフラミンゴが美しい羽を広げて渡ってくると、まさに宝塚のレビューを見ているような興奮で見物していた15名ほどの観客は拍手喝采でした。

    これは次のショーも見なくては、と園内を回りながら次のショーを待ちました。次は「ネズミのチュー学校」。
    学校を模した舞台の脇には「笑いすぎに五チューいください」と書いてあり、ますます期待が膨らみます。


    最前列には子供たちが始まるのを心待ちにしています。校長役の若い飼育員が「キ〜ン、コ〜ン、カ〜ン、コ〜ン」と始めると子供たちがケラケラと大喜び。校長が観客の笑いを誘いながら、ネズミたちの綱渡りなどの芸を披露して、しっかり大人たちも楽しみました。

    もっと見たいところでしたが、次回訪れたときのお楽しみと言うことで、後ろ髪を引かれる思い(?)で園を後にしました。

    長崎鼻パーキングガーデン
    http://www.synapse.ne.jp/npgyamakou/

    3日間お世話になった宿は、指宿出身の患者様もオススメの宿で、料理がおいしいことで有名だったので大変楽しみにしていました。期待どおりとてもおいしい料理でしたが、驚いたのは量が多いこと。特に朝食は「これ夕食ですか?」と聞いてしまうほどでした。
    毎回子供用の皿とランチョンマットが違う柄だったので、息子も食事の時間を楽しみにしていました。仲居さんが顔を出すたびに「マンマ〜!」と叫ぶので、「普段、食べさせてもらってないみたいねー」と言われてしまいました。


    おかげで、家族とゆっくり過ごせて、新年への英気をたっぷり養うことが出来ました。


    指宿駅には足湯がありました。

    菜の花のプランターが飾られていました。
    | morookashika3 | 旅行記 | 22:33 | comments(0) | - | - | - |
    0
      温かい年末 その1
      年末から体調が芳しくなかったため、少しでも暖かい所にと思い、鹿児島の指宿に行きました。

      福岡から新八代で九州新幹線「つばめ」に乗り換え、鹿児島中央駅でローカル線に乗り換えようやく指宿に到着。福岡よりも3〜4度温かったようです。

      新八代駅の名物「鮎屋三代」、鮎の甘露煮が丸一匹分入っています

      息子の魔の手が・・・・

      ローカル線の車窓からは、見事な桜島が見えます

      約四時間の道のりに疲れることもなく、早速砂むし風呂に行きたいという妻に連れられ、海岸の温泉へ行きました。私と息子が普通の温泉に入っている間、以前から楽しみにしていた妻は砂むし風呂を満喫したようです。全身が温まり、とても気持ちよかったそうです。

      帰りがけに様子を見ると、生首状態の人が何十人も並んでいて、面白い光景でした。


      私は宿にあった「足湯」に入りました。

      「足砂湯」もあったのですが、時間が合わず入れませんでした。

      | morookashika3 | 旅行記 | 16:57 | comments(0) | - | - | - |
      0
        長崎観光案内 おまけ

        新名所?ココウォーク


        浦上駅の近くに出来たシネコン。

        オープニングには福山雅治がやってきた。平日にも関わらず、大勢の学生が駆けつけたそうだ。(学校はどうしたの?)

        屋上の観覧車から隣のマンションが丸見えになることがわかり、観覧車が回らないかも、と言う噂もあったそうだが、マンション側にフィルムを貼ることで何とか運転にこぎつけたらしい。(長崎出身の衛生士情報)

        <おまけのおまけ>

        クラバー園の近くのベンチでお昼寝中。
        人慣れしすぎでしょう。
        | morookashika3 | 旅行記 | 08:27 | comments(0) | - | - | - |
        0
          長崎観光案内 その2
          ペンギン水族館のあとは市街地へ。

          長崎の観光名所といえばグラバー園や大浦天主堂だが、そこに到るお土産屋さんが立ち並ぶ坂の中ほどに、祈りの丘・絵本美術館というのがある。


          この美術館は「童話館出版」という長崎の絵本専門の出版会社が作ったもので、お城のような建物とイングリッシュガーデン風の前庭がとてもメルヘンチックな雰囲気を出している。


          2・3階は美術館。
          この日は、前日まで行われた「おくんち」を題材にした絵本の原画などが展示されていた。


          1階は絵本や関連したグッズなどを扱うショップ。

          長崎出身の絵本作家や、長崎の出版社のものも扱っているので、実際に手にとって買えるのはここだけのものもあると思う。

          立ち読みしていた絵本でちょっとホロッとしてしまうものもあり、絵本は子供だけではなく大人も楽しめる。

          この出版社には年齢に合わせた年間の配本コースというのがある。
          息子が生まれた際に、両親がプレゼントしてくれた。
          息子も親の我々も、届くのはとても楽しみにしている。

          長崎観光の折に、ちょっと立ち寄ってみられると面白いと思う。

          | morookashika3 | 旅行記 | 09:15 | comments(0) | - | - | - |
          0
            長崎観光案内 その1
            先週は土曜日の診療後、長崎に帰省した。
            長崎出身の私にとって、いわゆる観光名所は何度も訪れたことがある。
            それでまだ行ったことのないペンギン水族館と童話の森美術館に行った。

            日曜日は朝から、ペンギン水族館へ。


            駐車場から水族館までは5分ほどあるが、道沿いに人工の川が流れており、メダカやカニやさまざまな水辺の生き物が楽しめる。

            入口に入ると、大きなガラス張りの水槽があり、ペンギンたちが泳いでいる。


            一日に何度か飼育員の方が解説しながらペンギンにエサをやる時間がある。飼育員についていく姿は子供が歩いている姿にそっくりでとてもかわいい。

            いくつかのプールがあり、いろいろな種類のペンギンが飼われている。
            入場時にもらっていたエサやり体験のチケットで飼育設備の中に入ることができた。


            イワシが匹入ったバケツを渡され、尻尾をつかんで頭から食べさせる。
            イワシをぶら下げると、何羽ものペンギンが寄ってきて足に乗ったりしてエサをせがむ。
            くちばしにつつかれそうになりながら、あっという間に食べられてしまった。

            それほど大きな施設ではないが、ペンギン以外の生き物も展示してあり、大人も楽しめる水族館だった。

            | morookashika3 | 旅行記 | 06:05 | comments(0) | - | - | - |
            0
              オランダ(みたいな所)に行ってきました
              GWは家族でハウステンボスへ。

              1ヶ月近く土日に家にいないことが続いたので罪滅ぼし。ハウステンボスに来たのは約20年ぶり。



              いつも、家から見える景色とはなんだか違うねぇ〜。


              園内は緑も豊富で、部分的に切り取ると非日常的な景色。


              とは言っても、歩いているのは日本人の他に、中国や韓国の観光客(かなり多かった)といった東洋人ばかりですが。

              GWの前半だからか人もそこまで多くなく、人混みの嫌いな私もゆっくり歩き回ることが出来た。


              子供連れも多く、気兼ねなく宿泊や食事ができるのも良かった。

              とにかく、家族と一日中一緒に過ごせたことが幸せな休日だった。
              | morookashika3 | 旅行記 | 22:59 | comments(0) | - | - | - |
              0
                筑後吉井おひなさまめぐり
                朝から強い風に煽られ雪の降りしきる中、白壁の町、吉井町のおひなさまめぐりに行った。

                以前「たけうち歯科医院」を見学した際に教えていただいた「JAにじ耳納の里」で地元の食材をふんだんに使ったバイキングをお腹いっぱい頂いて、まずは腹ごしらえ。


                吉井の町並みを歩きながら、展示されているお雛様を見て回る。


                会場ごとに様々な雛人形が展示してある。

                箱入り雛

                これは折り紙

                中でも、骨董屋さんの二階は600体の雛人形が展示販売されていた。お店の方の話では、これらは京都の武家屋敷が手放されたときに売りに出されたものだそうで、中にはとても手の込んだ道具などもありなかなか見ごたえがあった。残念ながら写真はNG。


                筑後と言えば「カッパ」。ということでカッパのひな人形。


                僕は男の子だから関係ないもん!


                <おまけ>

                これはスタッフのお土産に買った「カッパガム」
                | morookashika3 | 旅行記 | 00:30 | comments(0) | - | - | - |
                0
                  お披露目の旅
                  土日の連休を利用して、長崎にいる私の母方の祖母と、佐賀にいる父方の祖母に息子を合わせに行った。

                  実家では両親の歓迎を受け、夕食は私の大好物の「吉宗(よっそう)」の茶碗蒸し。

                  「一人前」と言って、どんぶりいっぱいの茶碗蒸しと、蒸し寿司のセット。子供のころ、ご褒美によく食べさせてもらった。
                  息子の相手をしてもらいながら、私の子供のころの話を聞いて盛り上がった。(いくつかの衝撃の事実も判明!)


                  結婚式を挙げた、諏訪神社にも息子の誕生の報告。

                  翌日、母方の祖母の家へ。
                  さすがに耳は遠いのだが、曾孫のことをとても喜んで話しかけていた。

                  94歳差のツーショット!

                  佐賀では父方の祖母と面会。「丸々しとるねぇ〜」

                  92歳差のスリーショット!


                  まだ、3ヵ月のため息子はとても疲れた様子だったが、よく頑張った。
                  幼い頃からかわいがってくれた、祖母を始め親戚のみんなに息子をあわせることができて、とても良かった。
                  2人とも長生きして、息子の成長を見守って欲しい。
                  | morookashika3 | 旅行記 | 09:05 | comments(2) | - | - | - |
                  0
                    京都セミナー後 その3
                    市場をさらに奥に進んでいく。
                    福岡の市場では見かけないような野菜や魚が並び、眺めるだけで面白い。
                    それにしても長いアーケードである。


                    いわゆる京野菜が売られている高級そうな店に入ってみる。
                    色とりどりの野菜があり、どんな味がするのか食べてみたい。
                    そのなかに、京野菜ではなかったが「ほおずきトマト」と言うものを発見。

                    荷物にならなさそうなものだったので、試しに買ってみた。
                    スーツ姿でこんなものを買う人は珍しかったのか、店のおじさんがニヤッとしながらおまけを付けてくれた。
                    帰ってから食べてみると、確かに甘いトマトのような味であった。
                    ただし、トマトでなく品種改良されたほおずきだった。

                    他にも漬物の店などをのぞいて、市場の活気を堪能し帰途に着いた。


                    京都駅前に見えた、京都タワーが白く輝き美しかった。
                    | morookashika3 | 旅行記 | 02:04 | comments(0) | - | - | - |
                    0
                      京都セミナー後 その1
                      今回、セミナーを受けることのほかに京都に行ってしたいことの一つが、南禅寺で湯豆腐を食べることであった。

                      中学生のとき修学旅行で京都に行き、南禅寺で食べた湯豆腐の味が忘れられなかった。また京都に来たら食べに行きたい、という思いが強烈に心に残った。
                      一度大学生のときに京都に行き、嵯峨野のあたりで湯豆腐を食べたが、具のたくさん入った味の付いたもので、「コレジャナイ湯豆腐」だった。修学旅行で食べたのは、鍋に入った汁には味が無く、タレにつけて食べるタイプだったのだ。

                      今回はそのリベンジを期して、セミナーの終了後、南禅寺に向かった。
                      おぼろげな記憶を元に南禅寺の前の数件の店を見ながら入ったのは、「順正」。


                      美しく整えられた庭と歴史を感じられる建物から、中学生時代に行った店に間違いないようだ。

                      二階の大広間に通され、料理を待つ。

                      隣からは京都弁が聞こえ、非日常的な空間を感じる。

                      湯豆腐の鍋が温まる間、刺身やそのほかの料理を味わう。

                      薄味だがしっかりした味付けで、セミナーでの疲れが癒される。

                      ちょうど料理を食べ終わった頃に、湯豆腐が温まる。

                      タレに付け、ネギを薬味に豆腐を味わう。
                      「そう、これこれ!この味!」


                      せっかく、南禅寺に来て湯豆腐だけ食べて帰るのはもったいないので、ちゃんと観光もしてきた。


                      歌舞伎「山門五三桐」で石川五右衛門が「絶景かな、絶景かな」と大見得を切る舞台となった山門

                      古代ローマの水道橋がモデルと言われる水路閣


                      中学以来の思いをようやく果たせて、とても充実した京都行きとなった。
                      | morookashika3 | 旅行記 | 23:11 | comments(0) | - | - | - |
                      CALENDAR
                      SMTWTFS
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << October 2019 >>
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENTS
                      MOBILE
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE
                      このページの先頭へ