福岡市 東区 箱崎 歯周病 インプラントホワイトニング もろおか歯科 院長のブログ
<< 磨きすぎに注意 | main | 突然の・・・! >>
0
    器具シリーズ
    先日のブログでも取り上げたように、歯科で使う器具は我々には見慣れたものであっても、患者様にとっては何に使うのだろう、今日は何をされるのだろう、と思われることがあるようだ。そこで、いくつかの器具を紹介してみようと思う。

    歯医者で使う器具といえば、まず思いつくのは歯を抜く器具ではないだろうか。そこで今回は「抜歯」で使う器具。

    まずは「抜歯鉗子」。ペンチのような形で、歯をつかんで抜く器具。
    歯の生えている位置や、形によっていくつか種類がある。


    これは、上の奥歯用。


    これは、下の奥歯用。


    次は、「ヘーベル」。
    歯はくさびの様な形で骨の中に埋まっている。
    ヘーベルはドライバーのような形で、歯と骨の隙間にこの器具を入れ込みテコの原理で、骨の穴から歯を脱臼させる。


    これも、歯の位置や形によっていくつか種類がある。


    これは、小さな歯根用。

    ペンチやドライバーという形容をしたが、歯科の器具はものによっては大工道具のように見えるものもある。先日も患者様から、「歯医者の道具はエグイですねー」といわれた。

    器具を作るメーカにはいわゆる有名ブランドのようなものもある。高価だが、機能的で形も美しい。カタログを見ていると、「これもほしいなぁ」とウットリしてしまうのだが。
    | morookashika3 | 器具 | 01:30 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    よく、わかりました。


    | あ | 2011/04/23 5:53 PM |









    http://blog.morooka-shika.com/trackback/162302
    CALENDAR
    SMTWTFS
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    このページの先頭へ