福岡市 東区 箱崎 歯周病 インプラントホワイトニング もろおか歯科 院長のブログ
<< チームの指導者 | main | ビフォー・アフター・シリーズ >>
0
    抜歯もそれぞれ、痛みもそれぞれ(小泉総理風に)
    昨日は抜歯がらみの患者様が多い日だった。

    一人の方は2日前に来院されたが、次の日仕事でしゃべらなければならないので、はれたりするのは困るとのこと。とりあえず痛み止めをお渡しして、お帰りいただいた。何とか1日のりきって昨日来院された。虫歯が進行しすぎてつかむところが無く、なかなか動かないでてこずったが分割して抜歯した。抜けてみると三つに枝分かれしてしっかりした歯だった。

    次の方は、かみ合わせの歯が無いため、歯が伸び出ていた。あっという間に抜歯が終わり、患者様ももう終わったの?と言う感じだった。抜けた歯には虫歯と歯石がびっしりついており、親知らずの抜歯の必要性をよく分かっていただけたと思う。

    抜歯については、経験した人からいろいろな感想を聞くことがあると思う。患者様にとっては、歯を抜くという同じ行為かもしれない。しかし、歯の生えている位置や、方向、形の違いが、抜歯の難易度にかかわってくる。また、周りの歯肉が炎症を起こしているかとか、虫歯で痛みが起こっているか、なども抜いた後の痛みや麻酔の効き方に影響する。

    歯肉を切開したり、骨を削ったりするなど、時間がかかる場合は腫れやすいことがある。しかし簡単な抜歯でも、後で腫れたり痛みが起こることがあり、個人差の部分はなかなか予測ができない。

    どんなに簡単な抜歯でも、翌日や一週間後に患者様が来られるまで私は気が休まらない。
    | morookashika3 | 親知らず | 02:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。
    CALENDAR
    SMTWTFS
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    このページの先頭へ