福岡市 東区 箱崎 歯周病 インプラントホワイトニング もろおか歯科 院長のブログ
<< インプラント&ダイレクトボンディング | main | 食欲の秋です (衛生士:吉田) >>
0
    100年の難問はなぜ解けたのか―天才数学者の光と影
    未解決の難問に人生をかける「数学者」という人種と、アメリカの研究所が懸賞をかけた7つのミレニアム問題の一つ「ポワンカレ予想」を解決しながら、フィールズ賞受賞を拒否したペレリマン博士の話。



    「ポワンカレ予想」とは宇宙の形を数学的に予測することのできる問題(あってるかな?)。宇宙の形は我々には見ることはできない。素人目にみても難解な感じであるが、過去に様々な数学者が挑戦し、あるものは深みにはまり人生を狂わされ、あるものはそこから抜け出すために他の道を探す。

    これが何の約に立つのか、と言われるかもしれない。しかし、学生時代に数日かけて考えた問題が解けたときの喜びは、何ものにも代えがたいものがあった。人間は未知の物を探求する好奇心を常に持ち続ける。数学者はその最たる職業なのかもしれない。

    我々の仕事は、治療に関しては確かな答えの出たものしか使うことはない。治療に実験的なものを持ち込むことはない。
    しかし、コミュニケーションの取り方やプレゼンテーションなどは新しいやり方などをどんどん取り入れて、より患者様との関係を深められる取り組みはできるだろう。
    | morookashika3 | 書評 | 08:41 | comments(0) | - | - | - |









    CALENDAR
    SMTWTFS
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    このページの先頭へ