福岡市 東区 箱崎 歯周病 インプラントホワイトニング もろおか歯科 院長のブログ
<< 紅葉はもう少し先です | main | 福岡国際マラソン >>
0
    ITI Study Club
    水曜は船越歯科でストローマン社のインプラントのセミナーが行われた。
    来年発売予定の新しいインプラントの症例などが紹介された。

    ここの会社の良いところは、こうした情報を提供してくれる機会が多いこと。インプラントは技術的にある程度成熟してしまっていると言われているが、新たな材料が開発され改良が進み、患者様によりメリットのある治療を提供できる。

    そのためにはきちんと実績のある製品を使う必要がある。
    コピー商品も数多くあるが、形が同じだけでは真似できない部分があるのだ。


    ただ、患者様にはインプラントはどれも同じもの、と思われていることが多い。世の中には相当な数のインプラントのブランドがある。

    大きく分けると、一回の手術で済むタイプと二回の手術が必要なタイプ。
    もちろん患者様の負担を考えると、一回でするタイプのほうがよい。
    もろおか歯科でも一回で済むタイプを採用している。
    症例にもよるが、骨につく期間が一般的には3ヶ月かかるものが、最短で8週間である。この会社のインプラントのウリは、骨につきやすさである。

    ただストローマンインプラントにも弱点がある。
    歯肉に突き出た形状のため、前歯の場合は症例によっては見た目によろしくないこともある。

    そこで、今回新しく出るのは二回法で使えるインプラント。
    療法のタイプを持つことで、幅広く症例に対応することができるようになる。


    早く認可が下りて、使えることを祈るばかり。
    日本の治療は欧米の2年以上遅れをとっている。それは有効な材料が認可が下りるまでに時間がかかり過ぎるから。
    バイアグラは早かったけど・・・。
    | morookashika3 | インプラント | 13:37 | comments(0) | - | - | - |









    CALENDAR
    SMTWTFS
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    このページの先頭へ